トレードの回数

おっさんとエバ製作記 > 注目 > トレードの回数

トレードの回数

画面の前で、絶えず上がったり下がったりしている相場を眺めていると、直ちにトレードをせずにはいられなくなるという感情が生じる場面も多かったりします。

でも、ぼんやりした衝動で注文するのだけは、決してしてはいけません。

 

確かに、外国為替市場は四六時中常時どこかの国で市場がオープンしているし、為替相場もいかなる時でも、上がったり下がったりします。

 

とは言っても、考え無しに売り買いを積み重ねると、その分損失を被る危険が高くなります。

 

無論、トレードの回数を積み重ねる事で利益を上げられる可能性が50%、50%になります。

 

しかしその事実は「なんとなく直感で売り買い」することとは話が異なります。

 

注文回数を積み重ねるという意味は、自分で「ここは!」と思いついた自信を得られたところでの売り買いの回数を重ねるという事を言っています。

 

格段の理由がなく、注文を積むのとは違います。

 

マーケットの駆け引きに勝つためには己で思案してメリハリをつけることが必要です。

 

「ここがチャンス」とよく考えた市場の時にはポジションを積み増して儲けを追い求めます。

 

「ちょっと分かりにくい市場でどう上下するのか予想できないな」と思った時は、いっそのこと持っているポジションをひとつ残らず見切りをつけて何もせず静観します。

 

そのくらいのけじめがあったほうが結果的に注文は成功します。

 

相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まったくその通りだと思います。

 

取引とはいついかなる時でもポジションを所持する事が大事ではなく、ポジションを所有せずじっと見ていることも時にはFXです。

 

それならば、いつ、休む必要があるのでしょうか。

 

第1に言われるのが先に述べたように、これから先のマーケットが分からない時です。

 

ドル高になるのか、ドル安になるのかが明確でない時は、分からないまま行動すると、自分で作り上げた脚本とは逆に市場が動いてしまい損する事になってしまいます。

 

そのため、こういった時はポジションを整理して何もしないで静観しているのがいいと思います。

 

もうひとつは、自身の体の状態がすぐれない時です。

 

体調と市場につながりがない感じる投資家もいるだろうが。

 

現実には案外つながりがあります。

 

体の調子がよくなければ為替相場の大少なところで、必要不可欠な決断を下すことが出来ない場合が多くなります。

 

気分が乗らない時は、相場から遠ざかる事も大切な事です。

 



関連記事

  1. 日焼け止めした時は化粧品とパウダーファンデーション
  2. 彼のためのダイエット術。
  3. トレードの回数
  4. 勝てない