負債整理

負債整理

特定調停による処理も任意整理による方法と同じように、それらの貸し手へ支払いを行うことを選ぶ債務を整理する形のことです。

他の表現でいうなら裁判所が関係する負債整理といえます。

 

特定調停も任意整理による方法と似ていますが自己破産手続きとは違い一部分の負債のみを処理していくことが可能ですので、他に連帯保証人が付いている借金を除いて検討したい場合やクルマのローン以外だけを検討したい際等も用いることも良いですし、財産を手放してしまう必要がないので自動車や不動産などの資産を持っていて処分してしまいたくない場合にも有用な借金整理の手続きになります。

 

しかしながら、これから返済が必要となる額と実際として可能な可処分所得をかんがみて常識的に見て返済の計画が立つのであれば特定調停での手続きを進めていくことは問題ありませんが、破産申告と異なり借金自体がなくなってしまうということではありませんので、元金の総額が巨額な状況では、残念ながら特定調停の手続きを進めることは困難であるということになるでしょう。

 

また、この特定調停は司法機関が介入するので専門家に依頼しなくても立場が弱くなってしまう心配はないということとか、解決するためのお金を節約できるという利点は良いのですが、債権者それぞれの督促に対して本人が回答しなければならない点とか文字通り裁判所に数回通うことが必要になるなどの覚えておきたい点もあります。

 

くわえて、任意による整理と比較してみると調停が終わる段階で和解に達しないような際は借入利息を全部含めた計画で返済していかなければいけないという点や結果としてはそれら債務者へ払っていく合計額が任意整理による方法と比較して高くなる傾向がみられるなどの注意点もあります。